« 星のレンズ | トップページ | 今年の物欲まとめ(笑) »

M☆300mm F4撮影テスト <M42 オリオン大星雲>

PENTAX M☆ 1:4 300mm で星撮りのテスト撮影をしてみました。

M42_20101227e2s_2
K-5 PENTAX-M☆ 1:4 300mm ISO200 400 800 1600 3200 6400 各30sec を加算合成(12.8%トリミング)

率直に言って、やはり色収差というか輝星の周囲に紫系のフリンジが強く出ていて、星撮りレンズとしては、あまり感心できません。
天文ガイドの1月号でもK-5 のテストレポートが掲載されていますが、このカメラは青フリンジが出やすいという指摘がされています。
それでも、BORG 45EDII で撮影した画像では、それほど気になることはありませんでしたから、やはりレンズ特性が大きいのでしょう。

焦点距離の割りにはコンパクトなのは利点です。ピント合わせを丁寧にすれば、解像度も問題ないと思います。
色収差も一般撮影ならそれほど気にならないかと思いますが、最短撮影距離が4mと長めなのが難点かな。


|

« 星のレンズ | トップページ | 今年の物欲まとめ(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: M☆300mm F4撮影テスト <M42 オリオン大星雲>:

« 星のレンズ | トップページ | 今年の物欲まとめ(笑) »