« PENTAX K-5 | トップページ | K-5 ダーク撮影 »

K-5 高感度撮影の実力は?(画像多数です)

K-5のキャッチフレーズは「開眼 、ISO51200」。
PENTAXの宣伝文句には、今までにもいろいろと意見のあるところではありますが。(笑)

たぶん、雑誌やWeb上にいろいろ載ることにはなるのでしょうが、やはり自分の目で
確認したいですよね。
ということで、恒例の「あまり厳密でない」(笑)テストをやってみることにしました。

基準画像はこれ。コントロールを容易にするために、室内での静物撮影です。

ISO100(約12%に縮小しています。以下同じ)
K7p_iso100

部分を拡大(約61%に縮小しています。以下同じ)

K7p_iso100clip

使用レンズは DA35mm F2.8 MacroLimited です。本来は絞りも一定にしたかった
のですが、すべての感度域で共通にはできず、変更しているところもあります。(F2.8⇔F5.6)

※画像名にK7p_xxとあるのは設定ミスです。m(_ _)m


今回のK-5の高感度については、撮像センサーもさることながら、NR処理によるところも
多いということなので、あえて高感度NR、長秒時NRともAUTOでのJPEG撮影画像です。

画像の縮小、トリミングにはSILKYPIX Developer Proを使用しています。

なお、SILKEYPIXでのノイズ処理などは行っていませんが、一部の画像で露出の微調整
を行っています。

個人的な感想としては、ISO6400 くらいまでなら普通に使えるレベルかな、と思います。
ただ、ISO100 との比較では、ISO400くらいでも割りにはっきり違いが分かるとこもある
ように感じます。
また、高感度になるに従い当然のことながらノイズ成分は増えてきますが、いつもの
PENTAXらしく、解像感や諧調感をできるだけ損ねないような配慮が見える気がします。

ISO400
K7p_iso400

K7p_iso400clip

ISO800
K7p_iso800

K7p_iso800clip

ISO1600
K7p_iso1600

K7p_iso1600clip

ISO3200
K7p_iso3200

K7p_iso3200clip

ISO6400
K7p_iso6400

K7p_iso6400clip

ISO12800
K7p_iso12800

K7p_iso12800clip

ISO25600
K7p_iso25600

K7p_iso25600clip

ISO51200
K7p_iso51200

K7p_iso51200clip


|

« PENTAX K-5 | トップページ | K-5 ダーク撮影 »

コメント

Ken28様:
ありがとうございます。
K-5については、私も発表された時点で導入は決めていたのですが、
実際に手に入れるのはもう少し先にしようと思っていました。
PPメンバーで入手された方の作例(特に天体画像)と、
twitterでのやり取りで背中を押される形で急遽導入しました。(笑)
K-7と比べて改良点は多いのですが、一般撮影レベルでの差は、
それほど大きいとは感じません。もともとK-7自体決して悪い
出来のカメラではないので、当然といえば当然ですが。

今までとは違って、市場への流通量も十分あるようです。
首尾よく入手されることをお祈りいたします。

投稿: ich | 2010.10.31 08:47

申し遅れましたが、K-5導入おめでとうございます。大変羨ましいです。
この夏、D700に血迷ってしまったので躊躇していましたが、
今度のK-5は、かなり「欲しい」です。検討ではなく、ほぼ自分の中では
心奪われています。
30秒以上の長時間露光はともかく、高感度時の画の感じがいいと思います。
D700の場合、ISO6400位までは、まぁ実用的で見られる画とは思いますが、
(K-5の同感度サンプル画像と比べて)何だか塗り絵っぽくも感じます。

できることなら(何とか乗り切る目処が立てば)今年中に手に入れたいと
考えています。>K-5

投稿: Ken28 | 2010.10.30 22:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: K-5 高感度撮影の実力は?(画像多数です):

« PENTAX K-5 | トップページ | K-5 ダーク撮影 »