« 朝日の中で | トップページ | 写っていた!ふたご座流星群 »

クリスマスには少し早いですが

いまさら、という気がしないでもありませんが・・・買っちゃいました。(笑)

From_pentax


DA 16-45mm F4 ED AL。
言うまでもなく、PENTAX初のデジタル専用レンズで、*istDの登場と同時に発売となりました。
開放値F4と決して明るくはありませんし、非常にコンパクト、というわけでもありませんが、無理のない設計で描写性能には定評があります。

しばらく前からPENTAXのOnline Shopでアウトレット品として出ていたのですが、オンライン購入予定だったK-7を近所の店で購入した代わり(?)に注文しました。
普段使いのレンズとしては、キットレンズの18-55mmでも悪くはないのですが、スターレンズとは言わないまでももう少し上のクラスが欲しいな、と思っていました。

さて、ファーストライトはどのボディにするか・・・レンズのサイズと被写体(以下参照 笑)でK10Dを選びました。
S5Proと並べて記念撮影。

S5k10d

ファーストライトは、通過儀礼も含めて星からスタート。
おりしも、ふたご座流星群のタイミングでしたので、最初から夜露の洗礼を受けてもらいました。(^^;
残念ながら流星は撮れませんでしたが、開放でも中心部はそれなりにシャープで、評判通りいい描写をするようです。

Orion_1645

|

« 朝日の中で | トップページ | 写っていた!ふたご座流星群 »

コメント

豚磨様:
この焦点距離ですと、他社製も含めて比較的選択肢はありますので、このレンズが最良か?
という気はしましたが、ディスコンで価格が下がったところでお布施することにしました。
ピントリングやズームの操作感も、まずまず納得できる範囲です。
画質の方も周辺はさすがに星像の歪みがありますが、色収差は殆ど目立たず、良い感じです。
>ATX-116
これも定番ですね。
確かにお値段は少し高めなので、状態の良い中古が見つかるといいですね。

投稿: ich | 2009.12.16 18:01

おいしそうなケーキ(?)が届きましたね。
少々大きいけれど、描写に関しては定評のあるレンズですね。

私も、キットレンズの守備範囲18mmより広角な(魚眼ではない)レンズを狙っているのですが、
中古のトキナーのATX-116を買う前提で、店内でX3に装着する段まで行きました(笑)。
が、店内を試写してみて・・・片ボケする個体だったので・・・断念してしまいました。
新品は予算的に難しく、今回は見送りということで・・・グスン。

投稿: 豚磨 | 2009.12.15 22:39

Ken28様:
またまた物欲に負けた格好ですが・・・(^^;。
本文にも書きましたが、アウトレット扱いもになって買い易い価格になった、ということでお布施させていただきました。

このレンズ、天体を撮影するには明るさがやはり不足ですし、周辺部の収差もそれなりにありますが、撮影対象を選べばそこそこの描写はしてくれるようです。

流星撮影にも使ってみたのですが、画角はともかく、やはり明るさが不足。
肉眼では確実に群流星とわかるものが5,6個確認できましたが・・・。

投稿: ich | 2009.12.14 06:17

ペンタックス(や琢磨)レンズは、開放F値が明るくないけれど星像はシャープですね。
星屋としては、F2級の明るいレンズにも魅力を感じますが、実質F2.8~F4に絞らないと周辺部が乱れるし、大きく重くなるし、高価だし..
そういう意味でも、目立たず地味なスペックだけどペンタックスレンズは有り難いです。

投稿: Ken28 | 2009.12.13 18:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスには少し早いですが:

« 朝日の中で | トップページ | 写っていた!ふたご座流星群 »