« 朧月夜 | トップページ | PENTAX K-x 登場 »

デネブ周辺~Nikkor 80-200 ファーストライト

所用で千葉に出た折、中古カメラ店で見つけたレンズです。
レンズの状態はまあまあのようですが、デカい・重い・AFも早くない・・・であまり人気が無いようで、価格はほどほどでした。

S5pro_nikkor80_200

今では殆ど見られなくなった直進式ズームで、三脚座も付いていません。この辺は天体撮影に使用するには不利ではありますが。

なにはともあれ、さっそくテスト撮影。
ちょっと無理があるかとは思いましたが、CD-1にポンと載せただけです。
さすがに200mmでは追尾が厳しかったので、135mm近辺で再トライ。

Dscf1504spx2
S5Pro  AF NikkorED 80-200 1:2.8 D (135mm  F2.8 121sec ISO1600) CD-1による自動追尾

ようやく月の影響の無い星空だったのですが、撮影を始めると雲が出てきてしまいました。(--;
薄雲を透かして強行撮影なので、思うようにコントラストが出てくれません。
それでも、基本的に写りは悪くないようです。
本格的に撮るには、赤道儀への搭載方法を考える必要がありそうですが・・・。

|

« 朧月夜 | トップページ | PENTAX K-x 登場 »

コメント

Ken28様:
コメントありがとうございます。
本文にもありますが、貴Blogで拝見していましたので、180mm 2.8EDも有力候補でしたが、80-200mm全域通しでF2.8だというのでこちらにしてしまいました。
画質ではやはり単焦点でしょうが、この程度であれば自分としては十分使用できそうです。

鏡筒の固定方法ですが、固定できそうな場所は先端部しかないので、バンドを使うにしても少し工夫がいりそうです。
なんとかしないと・・・。

投稿: ich | 2009.09.16 06:30

星像を拝見し、ズームでF2.8という点を考えれば、とても良好な感じがします。
星を撮るなら単焦点、という思い込みがありました。
ちょっと認識を改めないといけないと思いました。
北米星雲が良く写っていますね>S5pro
(IRC除去改造機にはかなわないにしろ、なかなかの写りだと思います)
ズーム域全体にわたってF2.8なのでしょうか?
(だとすると、とても買い得な感じがします)

三脚座の問題ですが、自分は鏡筒バンドで間に合わせています。(Nikkor180mmF2.8ED)

投稿: Ken28 | 2009.09.15 22:03

豚磨様:
>大物
確かに大物で、ボディがS5Proで良かった(バランスの点で)と思いました。(笑)
総重量では2Kgを軽く超えますので、一般撮影でも長時間持ち歩くのはあまり気が進みません。

>保留にしていた…
ボディと一緒に購入したSIGMAの17-70mmが結構使えるレンズでしたので、これとペアになる200mmくらいまでのレンズを…と思っていました。
ズームか、単焦点のAi-S 180mm F2.8ED あたりで3本くらい候補があったのですが、このレンズは想定外でした。
この次の型ですとズームリングが回転式で三脚座も付くのですが価格は8万前後。(もちろん中古)
こレンズは、そのほぼ半額で入手できました。本文にも書いたように、使い勝手はもう一つですが。(^^;

>S5Proの発色
JPEGの1枚撮影で、SILKYPIX PROでトーン調整だけしてみましたが思ったより色が出ました。
少し気温が下がってきたこともあって、ノイズも多少緩和されているようです。夜の出番が増えそうな予感がします。(笑)

投稿: ich | 2009.09.14 23:38

大物ゲット、おめでとうございます。
ああ、いつか保留にしていたブツって、これだったんですね。
2.8の明るさは、あこがれです。

それにしても、S5Proは、Hαも含め、いい色がでますね。
Kiss無改造だと、色気に乏しい感じです(笑)

投稿: 豚磨 | 2009.09.14 19:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デネブ周辺~Nikkor 80-200 ファーストライト:

« 朧月夜 | トップページ | PENTAX K-x 登場 »