« NeatImageを使ってみました | トップページ | あの巨人に会いに行く »

米谷美久氏のご冥福をお祈りいたします

もうすでに、あちこちに訃報が掲載されていますが、元OLYMPUSの常務取締役 米谷美久氏が亡くなられました。

米谷氏は、言うまでも無くOLYMPUSの(というより日本を代表する)カメラ技術者のお一人で、PenやOMシリーズ、XAシリーズなど個性的で魅力的なカメラを数多く開発されました。

実用機としてOLYMPUS機を手にしたのは、実はズーム付きのコンパクト機が1台だけなのですが、このblogでも何度か紹介しているようにOM-1は私の初恋カメラでもあり、中古機ではありますが1台手元に置いています。
その影響を強く受けたPENTAXのMシリーズ(ME)が最初のカメラだったことも、偶然ではありません。

思えば、Penの名を冠したユニークなデジタルカメラが、これも市場に喝采をもって迎えられた直後の永眠でした。
E-P1についての感想も伺いたかったところでしたが、今となってはそれも適いません。

ご冥福をお祈りいたします。

|

« NeatImageを使ってみました | トップページ | あの巨人に会いに行く »

コメント

豚磨様:
カメラに限らず、そのメーカーなり製品ブランドを代表する「顔」がありますよね。
最近はシステムが複雑化している関係で、なかなか一人のエンジニアにスポットが当たることは少なくなっているようですが、工業製品の開発は戦前からチームで動くもので、やはり傑出した人というのはいつの時代でも注目を集めるものなのでしょう。

PENTAXについては・・・著名な人が居なくなっても、それが力を発揮するきっかけになる場合もあるでしょう。特に若い技術者には、そこを期待したいところです。

投稿: ich | 2009.08.03 23:31

割りに最近、語録を見る機会があったので、突然の訃報に驚いています。
割りに個人名がクローズアップされることは少ない日本の大企業の中にあって、特異な存在だったとお思います。
本人談、M-1はまいたに1のつもりでつけた、とか。

PENTAXでも畳家氏とか、J☆Hirakawa氏とか、個人名が幾人か”顔”になっていましたが退職されたとかで・・・。
その人一人で作っているわけではないけど、顔となっている人が相次いでやめていってしまって、今後どうなっていくんでしょうか>PENTAX

投稿: 豚磨 | 2009.08.03 23:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米谷美久氏のご冥福をお祈りいたします:

« NeatImageを使ってみました | トップページ | あの巨人に会いに行く »