« 春を想う-2- | トップページ | 沈む大三角形 »

ルーリン彗星 2009/02/21

ようやく月の無い夜が訪れた週末。しかし天候はイマイチ・・・。(--;
それでも、天気予報によれば夜半に晴れ間が出るらしい。
それなら久々に主砲を・・と思ったのですが、いざセッティングを始めてみると、どうもうまく行きません。
特に故障ではないのですが、あちこち調整が必要なようです。

仕方がないので確認だけでも、と今晩もCD-1を連れて家の近くの観測場所へ。
もう肉眼で見えるのかと思いましたが、空がもう一つなせいか判然としません。双眼鏡では見えますが、
なんとなく8日よりはむしろ確認しづらいような・・・。
まあ、何はともあれ前回と同じくまずはMicronikkor 60mmで。

Lulin_20090221_60
2009/2/21 23:40 頃 撮影地:千葉県大多喜町
KissX2 AF Micro-Nikkor 1:2.8/60mm ISO800 180sec

初めて尾がはっきり確認できました。やはりかなり明るくなっているようです。

Lulin_20090221_135
KissX2 smc PENTAX-M 1:3.5/135mm ISO800 180秒x4枚コンポジット

彗星の動きはかなり早く、元画像では背景基準でコンポジットしたことにより彗星が伸びて写っています。
天候はこれから下り坂ということなので、きちんと撮影できるのは、これが最後かもしれません。

-追記-
今年は世界天文年なのですが、「めざせ1000万人!みんなで星を見よう!」プロジェクトというのがあるそうで、
この日の観測を登録したところこんな参加証明書(jpeg画像ですが)をくれました。

Cert1

報告は星を見た日なら何度でもできるそうで、仕事帰りにちらと見上げた空でもいいらしいのですが、プラネタリウムなどの人工の星でも良い、というのはちょっと行き過ぎな気も。(笑)

|

« 春を想う-2- | トップページ | 沈む大三角形 »

コメント

豚磨様:
相変わらず、ポタ赤(CD-1)に135mmというショボい機材でしか撮れていません。(^^;

尾が両方向に出ているように見えるのは、このくらいのサイズの方が確認しやすいようです。
彗星付近を拡大してしまうと、イオンテールの方はかえって見づらくなってしまいます。

土星と絡んだ画も、何とか撮りたかったのですが今週に入ってからは天候に恵まれません。
週末には何とか晴れて欲しいものです。

投稿: ich | 2009.02.25 23:21

ようやく”お得意先”を回る元気が出てきました(笑)

彗星特有の緑色と、両方向に尾が出ている特徴的な姿が、うまく浮かび上がりましたね。
小さいながら、シャープなイメージです。
NGC4565のような系外星雲にもみえます。

投稿: 豚磨 | 2009.02.25 09:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルーリン彗星 2009/02/21:

« 春を想う-2- | トップページ | 沈む大三角形 »