« 星空スナップ<20080301> | トップページ | 物欲迷走 »

ステライメージ6

アストロアーツから、ステライメージ6の発売が発表されています。

いろいろと機能の強化がはかられているようですが、中でもワークフローと呼ばれる
自動処理機能に注目しています。
Ver.5でもバッチ処理は可能でしたが、「比較明」の処理などで大量の画像を連続で
処理するには、今一つ使い勝手がよくありませんでした。
どの程度の機能向上なのかは、まだよくわかりませんが、複数の処理を扱えると
いうことなので、期待はできそうです。

その他にも画像データのサムネイル表示や、処理の高速化などもされていると
いうことですし、導入を考えています。なによりVer.5からのバージョンアップ
は12k\でできるというのも、有り難いところです。

|

« 星空スナップ<20080301> | トップページ | 物欲迷走 »

コメント

豚磨様:
天体撮影にPENTAXのデジタルを利用しているユーザーは(残念ながら)ごく少数のようです。
それでも、ユーザーの不具合報告に真摯に応えてくれたAstroArtsには
好感が持てます。

K20Dも本格的な撮影には制約が多そうですので、今回は保留しましたが
SI6での対応はどうなるのでしょうね。

投稿: ich | 2008.03.12 06:36

わからない言葉がいっぱいです(笑)
ただ、来たるSI6の発売に伴って、SI5のほうも、総仕上げともいえるアップデートが5.1になっていました。

そのなかには、不具合対策のなかに
「PENTAX K10Dで出力したRAWファイルが開けないことがある」
が、盛り込まれていまして、本日さっそくダウンロードしました。
ichさんの働きかけのおかげ、と思います。m(_ _)m

投稿: 豚磨 | 2008.03.10 20:29

ふうま様:
>PSで言うとアクションのようなもの
おそらく、非常に近いものなのかな、と思います。
星ナビ4月号に古庄さんのレポートが載っているのですが、適用できる操作がどこまでなのかは判りませんでした。
来月号にはβ版を使った報告が載るようなので楽しみです。

投稿: ich | 2008.03.09 04:24

いよいよ6が出るんですね。
ワークフロー、PSで言うとアクションのようなものでしょうか。
一連の作業を登録したり、読み込ませたりできると便利ですよね。処理のプロが作成したものをダウンロードできるようにしてくれれば、クリック数発で見事な仕上がりが期待できそうですよ。
それともうひとつ欲を言えばベイヤーからRGBへの変換がバッチ処理できれば嬉しいのですが・・。

投稿: Fuuma-mfuk | 2008.03.09 04:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステライメージ6:

« 星空スナップ<20080301> | トップページ | 物欲迷走 »