« ステライメージ5とK10D RAW(その2) | トップページ | holmes彗星(11/7) »

holmes彗星(10/29)

急激な増光で話題のholmes彗星ですが、こちらは生憎の天候が続いて、
思うように観望が出来ません。
先の週末も、予報は今一つでしたが28日の日曜は朝から晴れ。夕方までは
上々の天気ではあったのですが、こういうときに限って地区の集会。(^^;

ようやく帰宅したのがすでに21時すぎ。慌ててP2赤道儀をセットして、まずは
双眼鏡で観測。
肉眼でも、かなりはっきり確認できますが、見た目は明るい恒星そのもの。
双眼鏡で見るとぼんやりとしたコマの広がりが見えて、彗星であることが判ります。
とりあえず50mmレンズで撮影を始めたのですが・・・。

Halmes_20071028
K10D smcPENTAX 1:1.4/50mm ISO400 30.1sec P2赤道儀によるノータッチガイド


画面中央、下よりの明るい星が彗星です。

何コマも撮らないうちに、厚い雲が一面に張り出してきてしまいました。
残念ながら、この晩はそれで撤収しました。

明けて月曜日(10/29)。豚磨様のMT-160による直焦点撮影を拝見して、
これは、ぜひこちらも主砲を登場させねば・・・。(笑)
幸い、月は明るいものの天候は晴れ。いつもより多少早く帰れたこともあり、

ひさびさに(実はちょっと前に出してはみていたのですが)引っ張り出したGPDと
R200SSで撮影しました。
実は、スカイセンサーの減速比を若干改造してあるのですが、調整不足で追尾
状態は今一つです。

Halmes_20071029_a
EOS KissDN(改) R200SS ISO400 3sec 5sec 7sec 10secの4枚をコンポジット
追尾:GPD・SS2000PCによるノータッチガイド

同、中央部分をトリミングしたもの。
彗星というと、ほうき星というイメージが強いのですが、これはちょっと違いますね。
眼視ではまた少し印象が違うのですが、写真に撮ってみると真珠のようにも見えます。
前回の増光は、比較的短時間だったようですが、今回はどのくらいの間楽しませて
くれるのでしょうか。

Halmes_20071029_b

|

« ステライメージ5とK10D RAW(その2) | トップページ | holmes彗星(11/7) »

コメント

豚磨様:
適正露出がどのくらいなのか、とにかくISO400ですと1秒くらいでも写ってしまう程の明るさがありますね。
平日の撮影は時間的に厳しいので、何とか週末くらいにチャンスが来ないかと願っています。


Ken28様:
>口径と長玉
豚磨様の掲載された画像を見て、久々に主砲を持ち出す気になりました。(笑)
EM200なら、望遠鏡はよりどりですね。もちろんタカハシも良いですが最近のならKenkoの25cmあたりも・・・。

投稿: ich | 2007.10.31 22:53

この彗星に限っては、口径と長玉がほしいですね。(羨望)
#EM-200を入手したことだし、20cm級反射鏡筒が..(謎)

今まで見てきた彗星の中でも、何かと特徴的な異なる独特の姿と様子に、もはや釘付け状態です。

琢磨さん>緑色をおびたハローが..
28日早朝の撮影は、露光オーバーで終わってしまいましたが、明らかに全体が彗星独特の青緑色に包まれていました。

ひと晩中見える好条件なので、当分釘付け状態となりそうです。

投稿: ken28 | 2007.10.31 17:38

W数の小さい白熱電球のようなイメージが神秘的ですね。

私のも、露出時間を長めに与えた画像には、緑色をおびたハローが取り巻いているように見えました。
光学系のハローかも、と掲載を見送ってしまったのですが。

投稿: 豚磨 | 2007.10.31 09:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: holmes彗星(10/29):

« ステライメージ5とK10D RAW(その2) | トップページ | holmes彗星(11/7) »