« 科学館へ行こう! | トップページ | 秋祭り »

Adobe Camera Raw

先日購入したPhotoshop Elements 5.0ですが、Camera RAWプラグインを
利用することで、デジタルカメラのRAWファイルを扱えるようになります。
操作パネルなどはシンプルですが、ちょっとした編集なら、十分に利用価値が
あります。

Cameraraw

私の場合はRAW撮影するのはもっぱら天体撮影が対象になりますが・・・。

白鳥座の固定撮影、1枚撮り画像です。
ISO800で撮影したものを2.5段くらいに増感していますので、画質はイマイチですが、
三脚と標準レンズだけでも、結構撮れるものです。

Deneb070908_2
EOS KissDN(改) auto-takumar 1:2.0/50mm ISO800 25秒

カシオペアの方向を、里山の繁みを前景に撮影。

Casiopeia070908_2
EOS KissDN(改) auto-takumar 1:2.0/50mm ISO800 14秒

M45(すばる)を自宅の屋根越しに。
そろそろ赤道儀も出番をやりたいところですが・・・。

M45_070908_2
EOS KissDN(改) auto-takumar 1:2.0/50mm ISO800 20秒

|

« 科学館へ行こう! | トップページ | 秋祭り »

コメント

豊山様:
キスデジは圧縮RAWですが、データサイズが大きくなると処理が大変ですね。

私の場合、普通(?)の被写体を撮る場合は殆どjpegなんですが、
天体写真は画像処理を強めにかけるため、RAWで撮影することが多くなります。天体用途にはステライメージもありますが、処理によってはPhotoShopのようなレタッチソフトでやった方がいい場合もあるのでCameraRawは便利ですね。

投稿: ich | 2007.09.16 21:48

RAW現像ソフトも星の数ほどありますからね~。
どれを使うか悩んでしまうんですが、
オイラはキャノンのDPPとSILKYPIXフリー版を併用しています。
SILKYPIXはとにかく重くて、うちの非力なPCではお手上げです。

投稿: 豊山 | 2007.09.16 20:47

ふうま様:
相変わらず、お手軽撮影ばかりで恐縮です。(^^;
汎用のRAW現像ソフトとしては、LightRoomの体験版なども試してみましたが、
それほど細かな設定がいらなければCameraRAWは十分役に立ってくれます。
PhotoshopElementsも、入門用の位置付けのはずですが、実は結構重いソフトで、
快適に使うにはPCの性能を要求します。
今後カメラの解像度がさらに上がると、PCももう一段パワーアップが必要になりそうですね。(^^;

投稿: ich | 2007.09.16 14:55

25秒でこれだけ写りますか、綺麗ですね~。
CameraRaw、便利ですね。以前はDigitalPhotoProfessionalを使っていましたが、PhotoShopで取り込めるので処理がしやすくなりました。
うちのはCS2なのでちょっと古いバージョンですが、Elements5.0なら最新版ですね、いいなぁ~。

投稿: Fuuma-mfuk | 2007.09.16 12:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Adobe Camera Raw:

« 科学館へ行こう! | トップページ | 秋祭り »