« 新レンズ導入 | トップページ | 大人の科学 紙フィルム映写機 »

さそり座と銀河

少し早起きして、夏の夜空を先取り。春らしく少し霞んだ感じの空でしたが・・・。
中心付近の輝星は木星です。

Img_2342
EOS Kiss DN(改) Tokina 1:3.5-4.5/19-35mm ISO400 120sec x 3枚コンポジット

ほぼ同じ構図で、K10Dで撮影。

Imgp0387
PENTAX K10D smc PENTAX FA 1:2.8/20mm ISO400 120sec 2枚コンポジット

K10Dの方は、いくらか空が明るくなってきてしまっています。
いずれもRAW撮影後にステライメージ5で処理しているのですが、K10Dで問題発生。
なぜかダークフレームがエラーとなってしまい、読み込めません。2度ほど撮りなおしてみた
のですが、同じ状況です。
通常の撮影画像は読めるので、何が違うのやら?

この問題もあってか、K10Dの方は色あいがちょっと不自然な感じです。専用機の方がむしろ
素直な印象。いつもなら、逆の印象なんですが・・・。(^^;

|

« 新レンズ導入 | トップページ | 大人の科学 紙フィルム映写機 »

コメント

Ken28様:
実を言うと、私の場合はかなり手抜きで処理をしています。(笑)
読み込み時にカラー+現像+ダーク補正を一度に行なってしまい、
その後でコンポジット→トーン調整→レベル調整→(必要があれば)フィルタなど→Jpegで出力
この後はPhotoshop Elements2.0で若干の色補正やリサイズを行なっています。
こちらは8bitのデータしか扱えませんのであまり強い処理はできませんが。

コンポジットの枚数が多くなると、ベイヤー配列のままで処理した方が速度的には早いと思うのですが、
ガイド精度が悪いとコンポジットした後のカラー合成がうまく行かない場合があるようなので、
対処療法的にカラー化してから後の処理としています。
ダークファイルについては、ベイヤ-配列のままでも(私の場合)うまく行かなかったと記憶していますが・・・。
何でだー?

TB送らせていただいたのですが、うまく反映されないと思っていたら、TB禁止設定だったんですね。
すっかり忘れておりました。(^^; 

投稿: ich | 2007.04.17 22:33

こちらもステライメージV5で苦戦しています。

ダークノイズ減算は元RAW画像とダークRAW画像も指定し、「ベイヤー配列」で読み込んでいます。(モノクロ表示)
ホットピクセルを除去後、「ベイヤー配列のカラー化」を実行してカラーに戻しています。
(このときの画像は全体に緑っぽいので)
レベル調整でRGBを修正し、見た感じに近いようにしています。

と、実は、この段階辺りから既にかなり混乱し始めておりまして..(汗)
まだまだコツをつかむまで時間がかかりそうです。

投稿: ken28 | 2007.04.17 09:09

ゆうひぶたっくす様:
もう少し綺麗に晴れた空だと良かったのですが、ここのところあまり
天気に恵まれず、天の川が見えただけでも良しとしました。

K10Dの発色、原画がかなり青みがかっていたために色調をいじって
みたのですが少々やりすぎだったかも。(^^;
以前、*istDsで撮影したものと比べてみましたが、K10Dの方が写りは
良いですね。
それにしてもダークファイルの読み込みエラー、何故なんだろう?

投稿: ich | 2007.04.16 22:16

清涼な天の川ですね。
K10Dの発色は、個性派フィルムの記憶色のようで、面白いですね。
私も4/14の晩、久々に夜空にカメラを向けました。
晴れてはいましたが、写欲が沸かないようなよどんだ空で、銀塩で5コマほど撮っただけで撤収してしまいました。
うちでは、ステライメージ5とK10のコンビは、まだ先になりそうです。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2007.04.16 15:42

ふうま様:
>街明かりの影響が顕著になっているのでは
そんな気がします。空の透明度が高いときにはそうでもないのですが、
低空の霞に地上の照明が拡散されたような感じを受けました。
もっとも、この後1時間ほどで薄明を迎える時間帯ではありますが。

>ダークファイル
ファイルの作りに変わりがあるとは思えないのですが・・・。
サイズ自体はいくらか小さめ(PEFは圧縮RAWなので多分そのため)
にはなっています。
Ken28様の方では、そういうトラブルは無いようですので、何かの条件
によるものなのか?
今のところ、ちょっと理由が思いつきません。

投稿: ich | 2007.04.15 22:39

気付けばさそりも早く昇るようになりましたね。
両機の比較、興味深い結果です。
K10Dの画像を拝見していると街明かりの影響が顕著になっているのでは?とも感じました、*istDでも広角で撮るとこのような結果になることがあります。ノーマルでもほのかに写るM16、M17、M8周辺のHαが印象的ですね。
ダークが読めないというのはどうしてなんでしょう、気になります。

昨夜は撮影に行きましたが、始終うす雲の広がる状況に耐えかねて夜半過ぎに撤収しました。
澄み渡る夜空が待ち遠しいです。

投稿: Fuuma-mfuk | 2007.04.15 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さそり座と銀河:

» 迷走中>ステライメージV5 [星空雑記簿.。.:*・°☆]
相変わらず、ステライメージV5で迷走中。今回は、初めから主要処理過程は全て同ソフト1本で済ませ、最終処理(リサイズ、JPG変換等)のみ「ピンぼけレスキュー」を使用。 [続きを読む]

受信: 2007.04.18 18:00

« 新レンズ導入 | トップページ | 大人の科学 紙フィルム映写機 »