« 新PC導入 | トップページ | 行灯 »

雨の日曜日

どうも今年は例年より天候が不順な気がします。
今日も午後から雨。台風の影響もあって、星空は望めそうもありません。
こういうときは、機材の整備に勤しむしかありません。
いろいろありますが、まずは作りかけのP2用マッチプレートを。

Plate1

このままでも使えないこともありませんが、あと何個か穴を追加しておきましょう。


アルミ材とはいえ、径が3ミリや4ミリのうちは良いですが、6ミリともなるとハンドドリルではちょっと大変です。
電動ドリルならかなり違いますが、手持ち工具で真っ直ぐな穴を明けるのも大変ですので、
電ドル並みの値段で購入が可能な卓上ボール盤を入手しました。
本来ならせめてリョービとかマキタの製品が欲しいところですが、この手の工具は1,2度使ったらお蔵入りのパターンが十分考えられるので(笑)、そこまでは・・・という感じです。(^^;

Drill_press

タコハシ製作所千葉工場謹製 P2用ミニプレートが出来上がりました。(笑)
ケガキと穴がずれてねーか?とかいうツッコミはご遠慮ください。(爆)

Plate2

さてP2とのマッチングの具合ですが・・・・

①RFT80鏡筒搭載。 構造上、鏡筒バンドの間隔は狭くならざるを得ません。
 プレートを縦位置にして同架しています。
 ウエイトを付けるのを忘れていますが、例のビクセン製1.2kgで釣り合いはとれるようです。

Rftonp2

②基本的にノータッチで使うつもりですが、ガイドはしなくとも観望と撮影を兼用する場合の組み合わせ。
 プレートは横位置になります。

Rftwithd350

③カメラ2台同架の場合。幅が厳しいので、プレートを斜めにして使います。
 これでも余裕があるわけではありませんが・・。
 やっぱり少し小さすぎたかな。(^^;

Dsd350

後は好天を待つだけですが、いつになったら晴れるんでしょうねー。


|

« 新PC導入 | トップページ | 行灯 »

コメント

ふうま様:
最初、ロゴだけ掲載する方法を考えていたのですが、
あまり大っぴらにやる性質のものでもありませんし・・・。
ちょっと楽屋落ちですがウケを狙ってみました。(笑)
一応、実際に貼れるステッカーも作れるくらいのデータにはしてありますが。(爆)

P2、当初の目論見通り活躍してくれていますが、お陰でGPD+SS2000PCの出る幕がありません。
M42の撮影には、やはりR200SSを使いたいのですが。

投稿: ich | 2006.09.25 22:15

おお、プレートだけならずロゴまで自作ですか!
・・と思いきや、はめ込み画像でしたか。まんまと騙されました。(笑)
でも実際に貼ってもカッコいいですね~。
ガイドマウントが不要なのは身軽で良いですね。

投稿: Fuuma-mfuk | 2006.09.24 23:59

ゆうひぶたっくす様:
>タコハシのロゴ
期待通りの反応、ありがとうございます。(笑)
勝手に「千葉工場」を名乗っておりますが・・・
せっかくTSユーザーにもなった事なので、一度は
使ってみたかったジョークでした。(爆)
ちなみにロゴは「ハメコミ合成」で実際のプレート
には付いておりません。(^^;

>熊出没
うーん困りましたね。
私も小学生くらいの時には隣町で民家の近くにまで
下りてきて騒ぎになったことがありましたが・・。
こっちも猪などは自宅付近でも出くわす可能性大なので、
気をつけないと。

投稿: ich | 2006.09.20 22:06

気合の入った「タコハシ」のロゴに思わず口に含んだコーヒーを噴出しそうになりました(笑)

晴天もこれからはいい季節になるでしょう。

が、当地では近所に熊が出没しまして(^^;
子供たちは熊よけの鈴をつけて登校する有様です。天候不順で食糧事情もあるのでしょうが。

星見ライナーも運転見合わせですorz

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006.09.20 19:28

top-to-toe様:
コメントありがとうございます。
趣味と実益を兼ねて、という建前はありますが、実際には
コストよりも作業自体の楽しみの方が大きいですね。(^^

月や星を写真に撮るには、いくつかやり方があります。
月などを拡大して撮影するには長焦点の望遠レンズや望遠鏡が
必要になりますが、単に星を撮るだけであればカメラの他には
三脚があれば十分です。

この間見ていただいた月の場合は、望遠鏡の接眼部
(眼で覗く部分)にコンパクトデジカメを手で押し付けるように
して撮影しています。
月のように明るい対象ですとオートフォーカスでもピントが合う
ようですし、露出も少し補正をすれば大丈夫。
デジタルなら結果を確認しながら撮影できますから、とても便利です。

星の場合は相手が暗いので長時間シャッターを開けておけるカメラが
必要になります。
なんといっても大事なのは「星の見える空」なんですが。(笑)

これに関連したPENTAXのサイトを紹介しておきますのでご覧になって
みてください。
手軽なものから、本格的なものまで比較的わかりやすく紹介されています。
http://pentaxplus.jp/field/astro/index.html

投稿: ich | 2006.09.18 19:17

うーん。すごいですね、ワンオフ...。
この前のコメントでどうやって撮ってるのかを
聞くの忘れたんですが、こういう月や星の写真を撮る時って
望遠鏡あればできるもんなんでしょうか?

投稿: top-to-toe | 2006.09.18 15:21

Ken28様:
>望遠鏡が乗ると・・
確かにそうですね。短焦点のRFTを載せると例の65mmセミアポをちょっと思わせないことも?
あれに似たEDアポでも載せてみたいですね。

投稿: ich | 2006.09.17 22:36

やはり望遠鏡が載るとサマになりますねぇ..P2型
それと自作プレートもカッコイイ。
メーカー純正もいいのでしょうが、やはりカスタマイズの楽しみは自作に限りますね。
こちらも9月に入った途端に晴天が無くて(農家の人と同様)困っています。

投稿: Ken28 | 2006.09.17 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日曜日:

« 新PC導入 | トップページ | 行灯 »