« 梅雨明け(したらしいですが ^^;) | トップページ | 星も機材も(笑) »

天の川撮影

Mway_feye
PENTAX *isDs smc PENTAX DA 1:3.5-4.5/10-17 FISH-EYE ISO800 180sec

梅雨の明けた空は久々にきれいに晴れ上がりました。(8月3日の撮影です)
こちらの星空としては80点くらいはあげられそうです。


お布施レンズの10-17mmで天の川の全景撮影に挑戦。
対角線に入れると、ほぼ南北の空を横断する天の川を捕えることができます。
この構図だとあまり歪みが感じられないので、魚眼らしい画ではありませんが。
例によって、盛大な熱ノイズで、長時間の露出ができません。
かなり大人しめの天の川ですが、肉眼でみた感じに近いといえば近いかも。
(夏場の)星撮りにこのレンズを生かすには、やはり専用機での運用が必須のようです。

・・・ということで、専用機とTokinaの広角ズームによる夏の大三角形とその付近です。
この時間、ほぼ天頂に見えています。

Triangle
EOS Kiss-DN(改) Tokina 1:3.5-4.5/19-35 ISO800 180sec

画像処理をしてみると、けっこういろいろなモノが写っています。
もう少し長い玉で撮ってみたい気もしますが・・・。
SS2000PCも、近々修理から戻って来るようなので、もう少し安定して撮影ができそうです。

|

« 梅雨明け(したらしいですが ^^;) | トップページ | 星も機材も(笑) »

コメント

魚眼ズームの天の川、風合い良く仕上がっていますね。
これだけの広範囲なのに歪みも少ないというのは天体写真にはかなり使えそうですね。
専用機の写りはさすがです。夏の夜空を飾る賑やかな領域、見惚れます。

SS2000PC帰還おめでとうございます、ようやくですね・・。調整の具合など、情報交換をまたよろしくお願いします。(^^ゞ

投稿: Fuuma-mfuk | 2006.08.07 23:04

Ken28様:
コメントありがとうございます。
魚眼レンズとは言っても完全に円周状に写るわけではないので(もちろん構図にもよるわけですが)、そちらのような全天撮影はできませんが・・。
素性は悪く無さそうですので、専用機での運用を画策中です。

SS2000PC、ようやく修理から帰ってきましたが、
月がだいぶ円くなってきたのが少々残念です。

投稿: ich | 2006.08.07 06:33

ウチのロシアン魚眼は周辺が甘くなります。
星像を拝見しますと、とても超広角ズームとは思えないです。
露光時間が延ばせればもっと..と思ったら、SS2000PC修理中だったのですね。
早く戻ってくるといいですね。さぞかし待ち遠しいことでしょう。

6,7月は殆ど駄目でしたが、今月に入ってからは毎日晴天続きです。
今週末も連続晴夜で寝不足気味..うれしい悲鳴というか何と言うか..

投稿: Ken28 | 2006.08.06 15:17

ゆうひぶたっくす様:
こちらでは梅雨明け後は比較的星空に恵まれています。
FISH-EYEですが、おっしゃる通りEDレンズを奢っていることもあって星像は悪く無さそうです。
ただ、いかんせんカメラ側が・・・。

>絞りレバーに仮設物をはさんで開放にしておけば・・
そのやり方で、同じ晩にレンズを手で仮に押さえて試してみました。
ピントはボケボケでしたが、かなり良い感触は得ています。(すでに発注済みの)アダプターが待ち遠しいところです。(^^

実はもう1件、ポチっとやったのがあるのですが・・・これはまた改めて。


投稿: ich | 2006.08.06 13:56

新作FISH-EYE、なかなか情感ある天の川がでていますね。なかなか星像も良好に思います。
専用機では、北アメリカの赤がいい色ででていますね。
いい天気のようです。
当地では、夏場は数えるほどしか晴れに恵まれません。(ブログやらなければ*istDの熱ノイズに気付かずにいたかもしれません。)
K-EOSアダプターと、絞りレバーに仮設物をはさんで開放にしておけばFISH-EYEも専用機で活かせるかもしれません。

投稿: ゆうひぶたっくす | 2006.08.06 10:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天の川撮影:

« 梅雨明け(したらしいですが ^^;) | トップページ | 星も機材も(笑) »