« 大慌てのP2赤道儀始動(笑) | トップページ | P2赤道儀の追尾精度は? »

恒例(?)恐竜博2006

さすがに毎年というのもアレなので、今年はやめておこうと思ったのですが・・・。
夏休みには殆どどこにも行かなかったので、まあ一応。(^^;
今回はお盆の最中ということもあり、会場は比較的空いていました。

最近は中国(モンゴル)産の大型竜脚類の化石展示が目立ちます。
かの国の重要な外貨獲得資源になっているそうで、あまりに商業目的の発掘もどうか、などという批判もあったような気がしますが・・・。

Dino_exp2006

これだけ並ぶと、確かに迫力はありますね。

で、今回の目玉はこれ。
世界最大級といわれる、スーパーサウルス。全長は30mを超える巨大さ。
実際にはその大部分が長大な首と尾で占められるのですが、下から見上げるとそのデカさに圧倒されます。

会場では真横から1枚の画面にはとても収められなかったので、2枚の画像を繋げています。
繋ぎ方はごくいい加減ですので、あしからず。Optioのパノラマツールでも使えばよかったですね。 ^^;)

Supersaurus

最近は化石に触れるコーナーが設けられていたりします。
これも混んでいると順番待ちが大変ですが、今回は余裕でした。

Touch_dino_bone

触れる展示も悪くはないのですが、普通の岩石との違いとか、部位による違いなんかが判る展示だとさらに良いと思います。
実際の発掘現場では、化石かどうかは「なめてみる」こともするんだそうです。
化石は多孔質なので吸い付くような感触があるとか。


|

« 大慌てのP2赤道儀始動(笑) | トップページ | P2赤道儀の追尾精度は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恒例(?)恐竜博2006:

« 大慌てのP2赤道儀始動(笑) | トップページ | P2赤道儀の追尾精度は? »