« ぞうさんのマスク | トップページ | 恐竜展&アキバデビュー »

istDL発表

あちこちでPENTAXの新型DSLR istDLの記事が上がっているようです。(デジカメWatchの記事より)
内容としてはistDsの機能をさらに整理してコストダウンを計ったもの、ということのようです。
ペンタプリズムを止めてミラーにしたり、フォーカシングスクリーン固定式、AFセンサーが11点→3点に...等。
機能の整理とコストダウンによってコンパクトデジカメからのステップアップユーザーを取り込む、というのは商品コンセプトとしては至極まっとうなものでしょう。
一方で液晶を2.5型と大きくしたり、Dsでは限定的だったコンティニュアスAFを搭載したりと、単純な廉価版にしていないところはPENTAXらしいと言えそうです。D/Dsで評価の高かったファインダーにしても、ペンタプリズムは見送ったものの、スクリーンのタイプを変えることで明るさはDsより確保されているとか。残念ながら視野率は96%と確保されているものの、ファインダー倍率が0.95倍→0.85倍とわずかながら小さくなっているようですが。

天体写真PEOPLEとしてはLPFの設定変更がされているというのが気になりますが・・・天文写真の実写レポートはあまり期待できないかな?天体用としての機能的には基本的に問題無さそうなので、価格がこなれてくればむしろIRF除去改造のベースモデルとして・・・(笑)

同時に発表された2種類のOptio共々、なんとか業績回復のカンフル剤になって欲しいものです。頑張れ!

|

« ぞうさんのマスク | トップページ | 恐竜展&アキバデビュー »

コメント

クモハ様:
ちょっと無理してでも買いたくなるような”次”>
欲しいですね。(すぐには)買えなくても、憧れというかシンボル的な機種が。
まずは645デジタルをなんとしても実現して欲しいです。業務用写真のかなりの部分にインパクトがあるんじゃないかと思うのですが。
それと35mmフルサイズのCCDを積んだモデル。そのためにも銀塩両用の高性能レンズも出し続けて欲しいところですね。

投稿: ich | 2005.06.06 17:23

ついにPENTAXもペンタミラーにしましたか。
コスト面でも、最軽量のタイトル奪取にも、近道ではあります。D、Dsも併売だから、選択肢が増えた分歓迎ということになりましょう。

コスト競争。結局投資してある程度売れても資本回収できない、なんて変な心配をしてしまいます。
*istDLは、ラインアップ上必要な基礎体力には違いない。
けれどもPENTAXには、ちょっと無理してでも買いたくなるような”次”が必要なのではないだろうか・・・

投稿: クモハ169-1 | 2005.06.06 15:57

Ken28様:
自分のDsでは2度ほど目立つようなゴミが付いたことがありますが、自宅でブロアーをかけただけで何とかなりました。
ブロアーでは取れないような細かいものは難しそうです。
Nikonはクリーニングキットを出してるんですね。メーカーのクリーニングキットなら大丈夫だと思いますが三ツ星さんのサイトに無水アルコール以外のものを使うとLPFに影響が出る場合があると書いてありました。
ゴミの心配が無くなるとDSLRも一段と楽しみが増すのですが。

投稿: ich | 2005.06.06 05:52

う~ム、またまた物欲が...(笑)
何はともあれ、低価格であれば...いかん、イカン...(爆)

こちら、D70のCCD前LPFに付着するゴミが気になるようになり、メーカーから発売されているクリーニングキットなる物を買いました。

istDの場合はどうなんでしょうか?
キスデジだとあまり気にならないのですが..D70の方がゴミが目立つような気がするこのごろ。

投稿: Ken28 | 2005.06.05 20:32

ようやく本家のHPにもニュースが掲載されました。
DLも良いけど、SViの発表でSVが安くならんものかと期待。たまにしか使わなくとも、やはりマニュアルモードが欲しいのです・・・。
手持ちのデジカメでは名機AllegrettoM70もある(シャッター優先・絞り優先・1分までの露出可・画質は渋め)のですが、中身はCanonみたいだし。(笑)

投稿: ich | 2005.06.03 12:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: istDL発表:

« ぞうさんのマスク | トップページ | 恐竜展&アキバデビュー »