« 春の夜 | トップページ | 645Digital 発表! »

マックホルツ彗星(3/14) 位置確認のみです

IMGP0804s
PENTAX istDs smc PENTAX M1:1.7/50mm ISO800 104sec (絞り開放)

一応、観測に出かけました、ということで。ただし眼視はできませんでした。やっぱりファインダーがもう少し明るくないと無理ですね。(現在は6X30)

彗星の位置が確認出来て、さて・・・というところでサイレンの音。火事か?(一応、現役の消防団員なので)家に駆け戻って、カミさんに防災放送が入ってないか確認。とりあえず大丈夫でした。(ハァ)
観測に戻ったものの、ちょっと集中力不足です。50mmレンズのままで、PCでのノイズリダクションを試してみることにしました。
そのまま彗星を撮ればよかったのですが、東に向けると星団が写るかも・・・とか変な色気を出したのが大失敗。カメラのファインダーではよくわかりません。いい加減に向けたら「どこ撮ってんのー?」状態。しょうがない、ノイズ除去だけでも確認しよう・・・。(T^T)

IMGP0806s
PENTAX istDs smc PENTAX M1:1.7/50mm ISO400 278.8sec (絞りF4) NR=OFF

IMGP0806_ps
PaintShopPro 9でダークフレームを演算(差の絶対値)処理

IMGP0806s2
演算時にダークフレームを調整 Photoshop Elements2.0 を使用。

手順としては、クモハ様の報告と同じ。ただ露出時間を合わせるため、ダークフレームは後で撮影しました。やはりちょっと過剰補正ぎみかな?この辺は研究の余地ありですね。昨晩は3月の気温としてはかなり寒く、思ったほど赤カブリが出ませんでしたが、基本的には使えそうです。これで撮影枚数も少し稼げるようになるかな?
※3/17 ダークフレームの調整を行った画像を追加しました。これもクモハ様が行われた方法と同じく透明度による調整。これだと効果を確認しながらできるのが便利ですね。

|

« 春の夜 | トップページ | 645Digital 発表! »

コメント

クモハ様:
あはは、早速ためさせていただきました。
以前撮ったやつも改めてノイズ補正できないかな・・・なんて考え中。ファームウエアをアップデートしているので、ノイズの出方が変わっちゃってますからねぇ。難しいかな。

雑誌って「欲しい」と思うと売り切れのパターンが結構ありますね。みんな読みたいと思うんでしょうけど・・・。私が買った書店でも最後の1冊だったような。

投稿: ich | 2005.03.17 22:11

さっそくできる。やりなおしできる。
デジタル画像はやはり便利ですね。
月刊天文、近所3軒回りましたが、置いてありませんでした。残念~!

投稿: クモハ169-1 | 2005.03.17 21:47

ふうま様:
なるほど。でもステライメージ4をお持ちなのですから、ノイズの方はどうしても必要ならRAPとかに任せてしまうという考えも有るかも。天体の画像処理能力はやはりスゴイですから。

物欲<月刊天文は広告がそんなに無いから大丈夫かと思っていたのですが(何だそりゃ 笑)、「デジタルで系外銀河を楽しもう」はいいとして読んでいくと「・・・できれば30cm級の望遠鏡が望ましい」ですからね。(笑)

投稿: ich | 2005.03.17 21:29

ステライメージ5良いですね。
グレードアップしたいけど、中古だからユーザー登録できません・・トホホ。

月刊天文、画像処理の記事に惹かれて僕も久々に買いました。
系外銀河・・望遠鏡が欲しくなりますね。精神健康上、良くありませんです。^^;

投稿: Fuuma-mfuk | 2005.03.17 18:48

>RAW読み込みの可能なレタッチソフトでも処理時にはRAWのまま演算を行っているとは思えない
・・・と思っていたら、さすがステライメージ。Ver.5では現像しない状態で画像データが扱えるそうです。ダークフレームもライブラリ化ができるらしい・・・。いいなぁ。
物欲はどんどん高まる一方ですが、何しろモノ要りの時期でもあるし・・むむむ。

投稿: ich | 2005.03.17 18:37

そういうことでしたか。勉強になりました。
RAWの段階で・・・か。
RAP・・・9.8k,う~ん
パソコンのメモリ増強が必要だな~。
タイマーコントロールもひつようだな~。
ついでにカメラのメモリカードもいるなあ~。
う~ん。
撮影時NR ONの方が安いなあ~。
でも、なんとかしたいな~。
おじさんの思考回路は壊れかけています。(笑)

投稿: クモハ169-1 | 2005.03.16 19:50

クモハ様:
ふうま様もコメントされていますが、ダーク減算はRAW段階で行わないと綺麗に補正することは困難のようですね。RAPの紹介ページ
http://www.strange-stargazers.jp/walker/rap/intro.shtml
を読んでみましたが、要するにRAWからデジタル現像する段階で補間処理が行われるため、周囲の画素の影響を受けてしまう・・・つまり、「天体が写っている時とダークフレームとでノイズの状態が完全に同じにはならない」→「減算してもノイズを消し切れない」
ということのようです。RAW読み込みの可能なレタッチソフトでも処理時にはRAWのまま演算を行っているとは思えないので、今のところ最良の結果を目指すならRAPの使用がベストかもしれませんね。
フリー版のRAPはistD/Dsに対応していないので、試してみるには製品版を購入しないと・・・。

・・・月刊「天文」の4月号に画像処理の特集記事があったので購入しました。少しお勉強せねば。(もしかして天文雑誌って買ったの初めて?←いつもは立ち読みだけの人)

投稿: ich | 2005.03.16 17:32

確かに遠く小さくなったというのが実感です。
7×50のファインダーだと、視界をよぎるとき、あれ、今なんかいたぞ、ぐらいのものです。たんぽぽの綿毛ぐらいにぼんやり見えました。

うちの*istDは画面隅の熱ノイズがもっと派手に出ます。NR ONだとまずはきれいになりますが。
後処理で補正過剰になるのはどうしてでしょう。95%とか少し短い時間のもつくってやってみようかな。

投稿: クモハ169-1 | 2005.03.16 16:50

KEN28様 ふうま様:
彗星の方は、本当に確認だけです。お、まだ有るな、という感じ。(^^;

今回使ったPaintShopPro9はシェアウエアの頃から使っているのですが、Ver.5の後はしばらくアップグレードしていませんでした。9ではRAWにも対応ということでistも対応リストには入っていて期待したのですがDsのRAWファイルは読み込めず(TT)。
若干RAWファイルの構成が(D/Dsで)変わっているらしいというのはどこかのレビューでも見ましたが・・・。ということで、これはJPEGで撮影した画像を使っています。まあ、順次対応機種は増やすということですので気長に待つことにします。

RAPも今度試してみようと思いますが、これを有効に使うには、やはり露出コントロールをきちんとやる必要がありますね。

投稿: ich | 2005.03.16 08:14

おお、小さくなりましたね。これではうちの機材ではもう無理そうです。(自由雲台で手動方向決定、我が手が頼り。)
ダーク、僕はNR/onでやってみましたけどこれより顕著に熱カブリが出てました。気温?それとも・・うちの*istDが悪い?^^;

>Ken28さん
実際のところはRAW現像後にはダーク減算しても消しきれないと聞きます。
RAW段階での作業ができるということで、今の時点ではRAP、無敵なんじゃないでしょうか・・。^^;

投稿: Fuuma-mfuk | 2005.03.16 00:37

昨晩は、私も観察に出てました。サガですねぇ..笑

私も、やはり口径が5cmほどないと見つけにくいと思いました。暗くなっていきますね..
FS-60Cに付いている純正小ファインダーでは、恒星状で見分けがつきませんでした。
【ダーク減算】
PhotoShopでの減算方法..全く分かってないので機会があったら教えてください。旧版しか持ってません。^^;
当初は無償版RAPでやってました。で、今回のD70用リモートアダプタ導入に合わせ、有料頒布版RAPも求めました。
これでキスデジもRAWにしてRAP処理するかも知れません。確かist-DSにも対応してたように思います。

投稿: Ken28 | 2005.03.15 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マックホルツ彗星(3/14) 位置確認のみです:

» 3/14マックホルツ彗星 [今日の星空]
久しぶりに自宅から観察です。..しかし、平日の晩はちょっと苦しい.. ↓1枚目↓(D=18cmF4ライトシュミット鏡筒による) [続きを読む]

受信: 2005.03.15 22:29

« 春の夜 | トップページ | 645Digital 発表! »